スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MISS POTTER』

世界で一番有名なウサギさん、ピーター・ラビット。
その生みの親であるビアトリクス・ポターの生涯のお話でした。
特に、絶対見たいと思っていたわけではなかったので、
公開から1ヶ月近く経ってから、思い出したように観に行ってきました。
でも、観て本当によかったです。

20世紀初頭、上流階級の女性が働くことが一般的ではなかった時代に、
裕福な家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、
絵本作家となるべく、出版社に自分の作品を持ち込んでいました。
彼女の絵に魅せられた編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)のおかげで、
ピーター・ラビットは出版され、瞬く間にベストセラーへ。

そして、一緒に作品を作り出す中で、ビアトリクスとノーマンは婚約します。
長年独身を通してきた二人なんですが、ノーマンがビアトリクスにプロポーズし、
彼女がそれに応えるシーンは涙が出ました。
男女が自由に恋愛できない時代に、二人の恋愛はとっても純粋で、
観ているこちらまでが幸せな気持ちになれました。

しかし、婚約中にノーマンは病死。
傷心のビアトリクスはロンドンを離れ、子供時代を過ごした郊外に
農場を買い、新しい生活を始めます。
やがて美しい自然に心を癒され、彼女は再び生きる活力を取り戻していきます。

一人の女性の恋愛と自立を描いた作品で、
今の自分とオーバーラップする箇所がいくつかありました。
それだけに共感できるところも多々あり、
ビアトリクスの悲しみや幸せが、とても胸に染みました。

映像もとても綺麗で、舞台となっている湖水地方は、
湖も山も農場も、その全てがまるで絵画のようでした。
もちろん、ピーター・ラビットやあひるのジマイマのイラストも多く登場します。
そのイラストがまた可愛らしくて、しかも動くんですよ。

ピーター・ラビットのお話を読み返したくなるような、そんな素敵な映画でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおお、ピーター・ラビット!! うちのももちゃんがちいさいとき、ポンキッキーズでおせわになりました。そのときも湖水地方の映像とポターさんが出てたような。あの絵がとてもすき。おとうさんがつかまえられて食べられちゃったなんて、日本ではかけませんね。ユアン・マクレガーの文字に反応してしまいました。DVDで絶対みたいです。あの風景だけでもやばいですよね・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私、間違って「管理者だけ・・・」にぽちしてしまいましたか?
ぜんぜん秘密じゃないです!すみませ~んe-330

観たい~

気にはなっていたのですよ。
うららさんが太鼓判!なので、もっと観たくなりました。
大人の恋愛映画だったとは!しらなんだ。

>女性の恋愛と自立
というところに著しく反応しちまいます♪

そうそう、私も小さい頃ものすごくピーターラビット好きでした♪
樹でできたトンネルとか、草むらとかキャベツ畑とか、田舎なのにかわいくっておしゃれな感じは、子供心にも異常に惹かれたものです。小さい頃から欧州への傾倒が著しく激しかったことが判明(笑)。
しかも、うちの叔母が、私が生まれてから中学生になるくらいまで毎年一個ずつピーターラビットのティーセットのひとつずつをプレゼントしてくれて(カップとかポットとか)、今ではフルセット揃っている。。物語がプリントされていてとてもかわいいです。
小さい頃はおもちゃとかの方が良いのに。。と内心思ってましたが、
今考えるとすごく粋なプレゼントな気がします。

樹さんへ

ポンキッキーズでピーター・ラビットやってたんですね。見たかったです。
湖水地方の自然風景は、ほんとうに綺麗でした。
実写の映像の中に、ピーター・ラビットがいても違和感がないくらいですよ。
ぜひぜひ機会があったら、ご覧になってくださいね!

ユアン・マクレガー、すんごい素敵でしたよ!
ポターさんと一緒に、恋しちゃいそうでした(笑)
パンフに「役ごとに全く違うキャラクターになりきりながら、存在感を発揮する、
得がたい俳優」と書かれてて、思わずまちゅが浮かんじゃいましたけど。

usaさんへ

ピーター・ラビット好きが高じて、湖水地方に行かれたお友達、すごいですね!
私松山くん好きだけど、福岡からむつへは行けないかも・・・。聖地だけど(笑)

娘さんもパパと観に行かれて、よかったですね。
私、ポターさんの才能を認めて、優しく見守るお父さんとの親子関係も素敵だな、
と思って観てたので、何か感化されたところがあるかもしれませんよ?
パパさんに変化はなかですか?(笑)

SSさんへ

ピーター・ラビットのティーセットのプレゼントなんて、ステキ~♪
いいですねー頂きですねー、メモメモ・・・(笑)

『ミス・ポター』、かなりオススメです。
自由恋愛が出来ないからこそ、二人の愛はいとおしく切ないです。
ポターさん、ピーター・ラビットの成功以外にも、
どでかい仕事をされるんですよ。それも素晴らしくて。
観終わった後に、幸せな気持ちになれる作品でしたよ。

No title

うららさん、確かにパパは優しくなった気がします。
ちょうどパパの誕生日があって、仕事で遅いパパに長女がプレゼントをおいておいたんです。パパはとても喜んで、でも朝もパパの方が早く出てしまうので会えなかったので、パパから「プレゼントありがとう。また映画も一緒に見に行こうね」ってメールが来たそうです。つい先ほど二人会えたのでその話をニコニコしながらしていました。ところが私は「早く寝なさい」と水をさしてしまって、さしずめビアトリクスのお母さん役といった役回りでしょうか(笑)
土曜日はその娘と一緒にサウスバウンド見に行こうと思ってます。
(中間テスト直前なのにいいのかな?)

usaさんへ

おぉー、娘さんもパパさんも優しい&仲良しですね!
私、母とは一緒に映画に行きますけど、父と二人で行った記憶はないです。
(というか、そもそも父は母にベッタリなんで、入る余地がない・笑)
だから、なんだかうらやましいですね。
あ、でも今父に映画に誘われても、行かないかもしれない(笑)




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。