スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件は会議室で起きてるんじゃない!

「現場で起きてるんだ!」と、青島刑事が叫んでました。

『踊る大捜査線』連ドラ放送10周年らしいですね。
この作品大好きで、連ドラもSPドラマも映画も、全部見ました。
つい最近までやってた再放送では、織田裕二さんがとても若くて、
10年の歳月をしみじみと感じました。

これから10年後、松山ケンイチくんは32歳。
『踊る』の頃の織田裕二さんと、ほぼ同じ歳ですよね。
その間にも、私達の記憶に残るような作品をたくさん作り上げているんでしょうね。
大人でかっこいい松山くんも、もちろん見たいですけど、
少年っぽい可愛らしさが見られなくなるのかなと思うと、
ちょっと寂しい感じもあるような、何となく複雑なファン心理でございます。

この10年を振り返れば、学生から社会人になり、出会いやら別れやら、
人生の転機になるような出来事が、結構ありました。
でも、10年という時間の長さの実感はあまりないんですけどね。
これからの10年は・・・考えると年齢的にオソロシイのでやめときます(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケンちゃんの10年かぁ。
きっと沢山、ものすごく沢山、私達に色々な物を残してくれると信じてます。
でも私も少年っぽいケンちゃんをずっと観ていたいです。
もうこれ以上大人にならないで!
なんて思ってしまう・・・

さて私の10年。
確かに学生から社会人へ・・・でもそれ以上の変化は無く、もっと体験しなければならない事も沢山あっただろうに、何もしていない気がします。
10年は長いようでいて、ものすごく短いです。
そろそろ何かから飛び出さなければと思いつつ、何も出来ずにダラダラしてる自分が憎らしいです。

No title

私も少年なまつさんが大好きだからなぁ。
その感じはいつまでも残して欲しいですね。
あれだけ悩める少年なのだから、きっと年を重ねていっても、
そういう儚さが残っている人になりそうですね。

私も、この10年て思いっきりいろんなことあったなぁ。
早いけれど、密度の濃い時間だった気がします。
まずそんなに経った気がしない、というのが問題で
精神年齢が追いついている気がしないですけど(笑)。

話は変わりますが、私も本日+act買いました!
かずみさんの仰るとおり、神です、まつさん。神がかり的なかっこよさです。
うららさんの感想も是非~。


No title

おはようございます。青島刑事。すてきですね。ああいう刑事ドラマが昨今作られないのは、事件というものを限られた時間内であつかうと、リアルがなくなるからかな、現実の複雑さのなかで生きていると、ドラマのうすっぺらさに閉口するときがあります。10年・・織田さんは転換期のように「東京ラブストーリー」みたいな卑怯な男や、「振り返ればヤツがいる」のようなクールな医師や、「ホワイトアウト」のようなからだを張った役にチャレンジしました。
松山くんにも「チャレンジド」でいてほしいと思います。プラスアクト、語ってますねえ。齟齬がたいへんですねえ。松山くんが目の前にいたら、言葉の外側で舞い上がってしまって、頭に入ってこない気がしますよ(笑)

かずみさんへ

松山くんにハマってからのこの1年だけでも、
私はたくさんのものをもらった気がします。ほんとに。

これから10年って、松山くんについてもそうだけど、
自分自身に関しても、何だか想像つかないですね。
職場のおばちゃま方に「20代どころか、30代40代もあっという間よ~」
って、よくおどされます(笑) 
そんなあっという間な時期を、充実して生活できたらいいなと思う今日この頃です。

SSさんへ

精神年齢が追いついている気がしない>まさに私も同じ感じ(笑)
社会人になって、社会的な責任だとか考え方だとかをちょっとは意識しても、
根本的なところはまったく変わってない気がします。

それから+act、今日ようやく手に入れました~!
インタはこれからじっくり読みますけど、なんですか、あのかっこよさはー!!!
ほんとに神でした・・・。おそるべし、松山ケンイチ。

樹さんへ

昔は、俳優さんの好き嫌いに関わらず、いろんなドラマを見てました。
でも最近は、1、2回見ただけで、その後が続かないドラマが多い多い・・・。
「現実の複雑さの中で生きていると、ドラマのうすっぺらさに閉口するときがある」という樹さんの言葉を読んで、なんとなくストン、と腑に落ちた感じです。

松山くんの語り、ほんとに一度では理解できません(笑)
特に自分自身についてのインタは、じっくり腰を据えて読まないと。
松山くんの頭の中を覗いてみたいです。
もの凄い勢いで、流動してそうですよね。
脳内メーカーも測定不能って感じです(笑)

「踊る」シリーズ、好きでした♪

私も、このドラマのシリーズ好きでした。
とっても丁寧に作られている気がして。
エキストラさんの動きを見るのも
好きでした。笑いのテンポも、良かった☆

「事件は会議室で起こってるんじゃない!
現場で起こってるんだ!」と、前の会社の営業の子が、
いっつも言ってました(笑)これって、すっごい名言です。

Rainyさんへ

そうなんです、『踊る』は細かいところにもこだわりがありましたよね。
すみれさんが食べるラーメンとか、カエル急便とか(笑)
最近は、『踊る』のようにハマれるドラマが少なくて、寂しいです。

「事件は~」のセリフ、ほんとに名言です。
働くようになって、しみじみ実感してます。
どこもそうなんでしょうけど、上の人達は無駄に会議が好きですから(笑)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。