スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クライマーズ・ハイ』

1985年8月12日。
524名を乗せた日航機が群馬県の御巣鷹山に墜落。
地元紙・北関東新聞社の記者・悠木(堤慎一)は、
この日航機墜落事故の全権デスクを命じられる。

しかし、過去の大事件のスクープの栄光に縋り続ける
上司のやっかみや、政治絡みの派閥に阻まれて、
思うような紙面作りがなかなかできない。
それでも地元紙ゆえののプライドをかけて、
寝る間も惜しんで紙面作りに取り組んでいく。
そんな中、墜落事故に関する大スクープが舞い込んでくる。
掲載か否か、悠木は大きな決断を強いられることになる。
「クライマーズ・ハイ」とは、「登山時に興奮状態が極限まで達し、
恐怖感が麻痺してしまう状態」のことを指すそうなんです。
この作品で描かれている北関東新聞社の1週間は、
まさにクライマーズ・ハイ。
未曾有の大事故に誰もが興奮し、仕事に没頭していました。

局長だろうが社長だろうが、紙面作りの為には
誰にでも食らいついていく悠木や、
墜落翌日に死ぬ思いで御巣鷹山に登り、記事を書いた佐山。
その姿は新聞記者の、働く人間の極致という感じでした。
私も社会人として働いてはいるけど、こんなふうに
自分の仕事にプライドを持っているかと言われれば、
決して「はい」とは言えないです。
もちろん職種は全く違うんだけれど、悠木や佐山の働く姿に
後ろ頭をガツンと叩かれたような気がしました。

たくさんの記者さんが取材して、記事に起こして、
それが新聞として、私たちの手元に毎日朝一に届く。
これって当り前のようだけど、とても大変なことなんですね。
これまで新聞を流し読み程度にしか見てなかったけど、
明日から読み方が変わってきそうです。

そしてこの作品、主演の堤慎一さんや堺雅人さんの働く姿に惚れます。
プライドをかけて働く男って、真剣にカッコイイ!!!

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

うららさん、おはようございます。
おお、行かれたんですね。私、山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」御巣鷹編で、凄惨な事故と、遺族へ日参する日航社員(左遷されアフリカに飛ばされたのにあの事故のときは事後処理にあたらされた)のご苦労と無念を読んでいたので、ぜひ行きたかったのですが、種々の雑用ゆえ、いけませんでした。堺雅人りんがいつにない真剣で男らしい表情で、堤さんとともにすごい映画に出てらっしゃるなあと思っていました。ですから、映画の紹介、とってもうれしかったです。cinemacinemaにおふたりの対談があったので、読まなくっちゃです。(松山くんを見て読んでも、雑誌は捨てちゃいけないのねん・笑)

NoTitle

うららさん、おはようございます~。
そうか、見に行かれたんですね!
クライマーズハイってきちんと調べてなくて、どんな映画かな?なんて思ってたのですが、これ、以前にNHKのドラマでやっていたのを見てました。佐藤浩市さんが主演で。
ただでさえ、報道ってすさまじい現場だと思いますが、この一週間の壮絶ぶりは現実もさぞすごかったんでしょうね。。
私の先輩で新聞記者の人がいますが、それはそれは政治とか事件の部署にいると大変だそうです。

毎日届けられる情報が、どれだけの苦労の末に届いているのか、本当の報道は何なのか、いろいろ考えさせられました。映画のキャストもすばらしいので、ぜひ見に行きたいと思います。

仕事に打ち込む男性はやはりかっこいいですよね!
それ故に、周りが見えなくなって、家族をかえりみなくなってしまったり、、と仕事に打ち込みすぎるのも問題かもしれませんが、自分も仕事をするようになって、しばしば打ち込みすぎる瞬間が訪れるようになったときに、それは決して狙ってそうしてるわけじゃないんだなぁ、って気づいて、働き盛りのお父さんの気持ちがわかった気がしました・笑

樹さんも挙げてらっしゃる山崎豊子さんの著作は、母も読んですごかった、と教えてくれました。何年たっても、この事件は決して忘れてはいけないものだと感じますね。


NoTitle

うららさんこんにちは!
新聞記者というのは、瞬時に決断を下さないといけなくていつも逼迫した緊張感の中でのお仕事ですよね。それがこういった大きな事故であったり、圧力であったりそういう過酷な状況の中で更に過酷になっていく・・・その中で生み出された記事たち。
次の日になればまた新しい紙面となるけれど、たった一日のたった一つの記事で数え切れない多くの人に伝わるものもあるんですよね。
・・なんかよくわからないコメになってしまいましたが、とにかく!!気になってはいたけど観に行けないだろうと思っていたので、こうしてレポあげてくださり、感謝します♪♪
堺さん、ありえないくらい厳しい顔してますよね。喜怒哀楽を笑顔で表現する唯一の役者・・だそうですが、さすがに笑顔はなかったですかね^^

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
1985年当時、私はまだ小学生だったんですけど、あの日航機墜落事故はとても鮮明に覚えています。不思議なんですけど、あの日どんなことをしていたかまで記憶に残ってるんですよね。それくらい、子供心にも衝撃的な事故でした。
堺雅人さんはその墜落直後の事故現場に乗り込んだ記者の役で、それはもう鬼気迫るものがありました!一緒に観た彼も「堺雅人がすごくよかった」って言ってたんですよ。ぜひ機会があったらご覧になってくださいね。雅人りんに惚れ直しちゃいますよ~!!!

SSさんへ

SSさん、こんばんは☆
なんと!佐藤浩市さん主演でドラマになってたんですか!これは見てみたい~。探してみよう。堺雅人さん演じた記者の役はだれだったんだろう?あと10年遅ければ、松山くんにピッタリの役だろうなって思いました。
仕事に打ち込む男って、素晴しいと思うんですよ。でも、堤さん演じる悠木も、それゆえに家庭がうまくいかないという問題も抱えてるんですね。仕事をしてる姿って、家族は見られないですもんね。いやーでもね、真剣に働く男の姿って、ほんとにカッコイイ!ついつい私の周りの男性社員さんたちと比べちゃったよ(笑)
SSさんも観られたら、ぜひ感想を聞かせてくださいね!

れいちぇるさんへ

れいちぇるさん、こんばんは☆
>瞬時に決断を下さないといけなくていつも逼迫した緊張感の中でのお仕事
まさに、こんなシーンの連続でした!新聞の締め切りは毎日やってくるんですよね。その限られた時間の中で、どこよりも早く、かつ正確な情報を掲載しなくちゃならないわけで、一緒にドキドキしながら観てました。
堺雅人さん、ちゃんと笑顔もありましたよ~。でもそれ以上に厳しい表情も多くて、その視線がヤバイ!!!いつもの柔和な笑顔がうそみたいな、目力でした。あれは松の目力にも決して負けてない!ずどーんと射抜かれちゃいます。

NoTitle

うららさん、再訪です~。
佐藤さんのクライマーズハイドラマ版もDVDになってレンタルしてますよ。
そんなに昔のドラマではないです。

ぜひぜひ観て、また感想を聞かせてください!
私は泣きました。佐藤さん好きなんです。かっこいい。熱血漢とか、不器用で家族とうまくいかないところとか、いろいろ良かったんだなぁ。堤さんもそうですけど、歳を重ねてかっこ良い俳優さんて良いですよね♪

佐藤さんといえば、もうすぐクドカンのメリケンサックが上映ですね!楽しみ♪

SSさんへ

SSさん、いらっしゃーい♪
ドラマ版のクライマーズ・ハイ、DVDになってるんですね!ありがとーう!!!早速TSUTAYAで探してみるよー。

>歳を重ねてかっこ良い俳優さんて良いですよね♪
激しく同意!!!堤慎一さんや佐藤浩市さんは、まさにその代表格ですわ。大好き♪
あ!「少年メリケンサック」、私もすごく気になってるの~。クドカンってところが面白そうだもん。
そして佐藤さん&クドカンと言えば、松とはカムイ繋がりですな。佐藤さんと松の共演も早く観たい!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。