スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本一心のこもった恋文」

久しぶりにこの本を手に取りました。
秋田県二ツ井町主催の「きみまち恋文全国コンテスト」で
入賞した作品が収められた本なんですけど、
この第1回大賞は、若くして戦死した旦那様宛てに
80歳のおばあちゃんが書いたラブレターでした。

もういなくなってしまった相手を何十年も思い続ける愛情に、
初めて読んだ時も大号泣で、今日読んでもやっぱり泣いちゃった。
恋する気持ちって何歳になっても変わらなくて、私もそんな風に、
いつまでも相手を好きでいられたらいいなと思いました。

そして、このおばあちゃんのような悲しい別れが誰にも訪れないよう、
いつまでも平和であってほしいものです。
天国のあなたへ

娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、
もう半世紀がすぎてしまいました。
たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
おそばに行った時、おまえはどこの人だなんて言わないでね。
よく来たといって、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、
すぎし日のあれこれを話し、思いっきり、甘えてみたい。
あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、
よくがんばったねと、ほめて下さいね。
そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。
春のあでやかな桜花、夏、なまめかしい新緑、
秋、ようえんなもみじ、冬、清らかな雪模様など、
四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
私はお別れしてからずっと、あなたを思いつづけ、
愛情を支えにして生きて参りました。
もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
力いっぱい抱きしめて絶対はなさないでくださいね。

     秋田県二ツ井町編 「日本一心のこもった恋文」より

コメントの投稿

非公開コメント

うららさん・・・うう。感動しました。
いや、感動という言葉ではないのかもしれませんね。
作者のおばあちゃんは生き続け、こどもと孫とそれからその他沢山の方達と出会って人生を歩んできたでしょうが、こころの一片は旦那さんが出兵した時点で止まっているのでしょうね。
じゃなきゃこんなに少女のような言葉、絶対出てこないと思います。
夫婦が別れるのにどちらの意向もなく、ただ戦争の為だけだという事実に今更ながら怒りを覚えます。

ほんとにこのラブレターを空の上?のどこかから旦那さんに読まれてたらいいな、と思いますね。
世界の平和を、祈ります。


追伸:母親のDMCの感想、とても面白かったとの事!長さとか全然感じなかったとの事!
そして私とこどもの後姿も発見したとの事~♪ビバ☆ねぎちょと共演♪♪

れいちぇるさんへ

れいちぇるさん、こんばんは☆
このおばあちゃんの恋文、何度読んでも泣いちゃうんですよ。
きっと天国の旦那さんにも、おばあちゃんの気持ちは通じてると思います。
そしてれいちぇるさんの言われる通り、戦争の為だけに
夫婦が引き離されるなんて金輪際あってはいけないですね。
偶然終戦記念日にこの本を手にとって、なおさらその思いが強まりました。

お母様にもDMCが好評で良かったです~!
ますます楽しみになりましたよ♪♪
しかも、れいちぇるさん&お子さんも発見とな!ぎゃーーー!すごい!
映画観た時、どこに出てたか教えてくださいね☆いや、探します(笑)

はじめまして!

はじめまして!
私も電車のつり広告でこれを見てとても感動してしまい、思わず涙が・・・。
原文をじっくり読みたい!と思っていたところ、このブログにたどりつきました。

じっくり読めば読むほど胸にしみますね・・。

私もこの本、手に入れたいと思います!

突然の訪問&コメント、御容赦くださいませ。

はじめさんへ

はじめさん、こんばんは&はじめまして☆
ようこそいらっしゃいました!ご訪問いただけて嬉しいです。

私は新聞でこの記事を読んで、やっぱり泣いちゃいました。
この本には他にもたくさんの恋文が綴られてるんですけど、
どの恋文にも素敵な思いが込められてて、感動しきりです。
ぜひ本をお手に取られてみてくださいね☆

ううう・・・

うららさん、こんばんは。
たったいま、過去ロムしてこの記事を知りました。
わー。たまらないです。
そして、虚構なんだけど、
宮部みゆきの「蒲生邸事件」を思い出しました。
恋人(主人公)が未来からやってきて、や
がて未来へ帰っていくんだけど、
おばあちゃんになるまで、ずっと、
未来に暮らす青年を思い続けるんですよ。
あの、2.26事件のさなか・・
せつないね、でも、生と死をわかつふたりでも、
愛し合えるって素晴らしいですね。
うららさん、琴線にふれるような、
とても素晴らしくてせつないひとときを
どうもありがとうございます。

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
このおばあちゃんのラブレター、いつ読んでも何度読んでも、胸が締め付けられます。
人を愛する気持ちって、時代や年齢なんて関係ないんですね。
樹さんがご紹介くださった「蒲生邸事件」、読みたくなりました。
探してみたいと思います!
「ターミネーター」のサラ・コナーも思い出しますね。

NoTitle

 電車の中で見ました、そして読みました、混沌として世相の中において、日本も捨てたもにじゃないなと感動しました。涙目になりました。32歳で戦死しただんなさんも幸せですが、おばあさんの心はなんと幸せな事と思いました。

Re: NoTitle

コメントありがとうございます。
私も、このおばあさんのラブレターは何度読んでも涙が出ます。
一生にひとり、こうやって愛せる人がいるって幸せですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。