スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おくりびと』

母とふたりで観に行きました。
日曜日なので映画館全体が混雑していましたが、
この作品もお客さんでいっぱい!!
年齢層としては、中高年以上のご夫婦が多かったかな。
でもあらゆる世代の方に是非観てもらいたい作品です。

東京の楽団でチェロ奏者をしていた小林(本木雅弘)は、
楽団の解散を機に、妻・美香(広末涼子)と共に故郷・山形へ帰る。
高待遇の求人広告につられて就職した先は「NKエージェント」。
飄々とした社長(山崎努)と事務員(余貴美子)しかいないその事務所、
仕事は「安らかな旅立ちのお手伝い」=「納棺」であった。

その名の通り、遺体を清めて死装束を着せ、棺に納めるのが仕事。
こういう専門的な仕事があるんだと、初めて知りました。
パンフレットを見ると、地域や宗派によって納棺の儀は様々あるそう。
この作品では、家族や親族の前で納棺の儀を行なっていました。

こういう表現がふさわしいかどうかわからないけど、
着物を着せたり、死化粧を施したりする、
ひとつひとつの行為がとても優雅で美しかったです。
もちろんその手際の良さもあるのですが、
人生の最期、美しくあるようにとの思いが伝わってくるような
優しい所作に感動しました。

本作は、モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した作品。
海外に納棺という儀式があるのかどうかはわかりませんが、
故人の死を悲しみ、思い出を懐かしみ、在りし日に感謝する気持ちは、
国境を越えて普遍的なものなんですね。

人の死に接する納棺師が主人公ですが、物語は決して暗くなく、
ユーモアたっぷりの笑いが溢れ、亡き人を偲ぶ人々の思いに涙が出ます。
『夕凪の街 桜の国』以来、久しぶりに映画館で大泣きしました。

コメントの投稿

非公開コメント

この映画、ホント良いみたですね!!
うららさんの感想を読んで、凄く興味が増して来た~。

でも見たい映画がドンドン増えて行って
いっぱいいっぱいどす。

とりあえず、やっと今週より1週間だけの上映で(短いよ!)
「百万円と苦虫女」がこちらでも公開になったんだ。
うららさんの感想を思い出しながら行って来ます!!!
んで、DMCを後1回か2回は見に行って!!
それが終わったら「おくりびと」で泣く!

私の10月のプラン完成だ!!

おはようございます。

うららさんはその都度、さまざまに素敵なものをキャッチなさって、
美しく静かに丁寧に伝えてくださるので、
まるで映画雑誌のレビューを読んでいるようです。
ありがとうございます。
映画館に行きかえりする時間がどうしてもとれなくて、
ほんと残念なのですが、
DVD観るまで、うららさんの感想に浸って痛いな・・
そんな作品がたくさんになりました。
ありがとうございます。

そうそう、「夕凪の街・・」あの作品、
涙腺を測る基準値になりましたね(笑)
あれで好演なさった吉沢悠さんが
こんど三浦春馬くん主役のドラマに
出演されるので、すごく楽しみ。
その吉沢さんが春馬くんのことを
「集中力がすごい俳優さん。春馬くんを
中心にまとまってゆける」みたいなこと、
話していらっしゃいました。
ドラマも楽しみです、でも土曜の夜だから
うららさんは忙しいかな~☆

追伸・・

うららさんの感想に浸って痛い・・
痛い・・・

故意にじゃないどす。
許しておくれやす、ひれ伏し~

ついでに、
うららさん、
最近、L図書へのご訪問時間、
変わってきましたね
それがまた楽しみだったりする(笑)

こんにちはうららさん☆
またもや話題の映画レビューをありがとうございます。
映画館で映画を観るのが好きですけどどうも頻繁には映画に行けないので、ここ最近はうららシアターで観てるかんじですね(笑)
お葬式ってほんと地域や宗教によって違いがあるもんなんですよね。海外もまた全然違うでしょうし。
こういう映画を観て、たくさんの文化を知って心豊かに生きていこうと決意しました!!(突然やる気)
両親が先日「アキレスと亀」を観たらしいんですけど、なんだかもう、邦画がすごいですよねー。いい映画も多いし、なにより数が多くなりましたね。良いことですわー。

かずみさんへ

かずみちゃん、こんばんは☆
『おくりびと』は物語も音楽も風景も、全部が優しい映画でしたよ。
なかなかに名作でした!かずみちゃんも観たら感想を聞かせてね♪
『百万円~』も前向きに元気になれる映画!
そして、蒼井優ちゃんの相手役の森山未来くんが松だったらなあ…
なんて脳内変換しながら鑑賞するも良しな作品(笑)
私は今月はどうしようかなあ。とりあえず『容疑者Xの献身』を観て、
あとはやっぱりかずみちゃんと同じくDMCだな!

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
いえいえ~。ホントはもっと上手く伝えられたらいいんですけど、
ネタバレしないように書くのって難しいですねえ。精進しなくちゃ。
この作品、DVDが出たらぜひご覧になってくださいね♪
三浦春馬くん、十代の俳優さんの中では抜きん出てますね。
クローズZEROでは旬くんのライバルだし、今度はドラマの主演ですか!
凄いなあ。いつか松ケンとも共演する機会があればいいですね。是非見たいです!

そうそう、L図書の訪問時間が日をまたぐ前後になってきてますね~。
まだネット環境がダメで、両親が寝てから、こっそり居間でやってます(笑)
新しいモデム買って接続すればいいんだけど、
なかなかそこまで辿りつかない…←つまりはモノグサ(笑)

れいちぇるさんへ

れいちぇるさん、こんばんは☆
うららシアターでいろいろお見せできたらいいんですけど、最近はDMCに偏りすぎて(笑)
お葬式ってほんと様々ですよね~。親友のおばあさんが亡くなった時に
お参りにいったんですけど、そのお宅は無宗教だったので、献花だけだったんですよ。
一応葬儀場だったけど、おばあさんの思い出の写真なんかも飾ってて、
お葬式らしくない、アットホームな(この言い方もおかしいけど笑)お葬式でした。
れいちぇるさんのご両親『アキレスと亀』観られたんですね!
あの映画も気になるんですよね~。でも何となく観る決定打がないというか。
悩んでたらあっという間に上映終了しちゃいそうだな(笑)

私も見ました!

こんにちは!
私も「おくりびと」を見ました。
いい映画ですよね。こういうふうに、尊厳を持って死を扱ってくれるなら、死は全く怖くないし、生きるということの本質も、よくわかる映画だと思います。
笹野さんのセリフがとっても説得力があって泣いたし、山崎さんたちと一緒に食事するシーンはじんわり笑えました。
本木さんの所作が美しすぎて、茶道のお手前を見ているみたいでしたが、松山さんの手の美しさでは違うイメージになってしまうかな(エロチックになりすぎるような…笑)。
音楽もよかったなぁ。古川展生さん、お気に入りのチェリストさんなんです。
(私は、チェロの音が大好きで、たぶん、オーケストラ曲以外では、チェロ曲のCDを一番持っているんじゃないかなというくらい好き。)
チェロで「オンブラ・マイ・フ」を弾いてくれる人が、私のお葬式でいたら本当にうれしいな、なんてことを考えながら、涙を浮かべながら見ました。
(感想が長くなってしまった…)

まろうさぎさんへ

まろうさぎさん、こんばんは☆
まろうさぎさんもご覧になったんですね!
ほんとにいい映画でしたよね~。
私、お葬式のシーンでは結構どれも泣きっぱなしでした。

本木さんの所作はほんとに綺麗でした。うっとり見とれちゃいましたもん。
あれが松山くんだったら…ぜひとも死体役になりたいです(笑)
音楽もとても素晴しかったですね。私はチェロに全然詳しくないんですけど、
落ち着いた音色で、いつまでも聴いていたい気持ちにさせてくれました♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。