スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『WALL・E』

人類がいなくなったゴミだらけの地球。
感情を持ったお掃除ロボットのウォーリーは、
プログラムに従って、休むことなく掃除し続けていた。
700年間、たったひとりで。

ウォーリーはゴミの山から宝物を探したり、
ミュージカル映画のビデオを観て踊ったり、
規則正しい中にも、楽しみを見つけながら生きている。
そんな彼の願いは、いつか誰かと手をつなぐこと。

そんなある日、地球に1体のロボットがやって来る。
彼女の名前はイヴ。ちょっと乱暴だけど、
そんな彼女にウォーリーは恋をする。

しかしある時、イヴは宇宙船に回収されてしまう。
彼女と離れたくないウォーリーは、宇宙船にしがみついて地球の外へ。
たどり着いた先は、さらに大きな宇宙船だった。


人類は絶滅してしまったわけじゃなくて、
汚染された地球から脱出して、宇宙船で暮らしてるんです。
そこでの生活は、話に聞くととっても理想的。
ホバーチェア(空飛ぶ椅子)に座って、移動もラクラク。
食事も遊びもおしゃべりも椅子に座ったまま、
めんどうなことはすべてお世話ロボットがやってくれる。
何にもしなくていいんですよ。

でも一方で、オートメーション化された生活は、
人間から「人間らしさ」も奪ってしまいました。
ホバーチェアに座りっぱなしで、自分では歩かない。
隣にいる人とのおしゃべりでも、相手の顔は見ない。
自分の真正面にあるモニターに向かって話すだけ。
全員が同じ服を着、同じ情報を流し込まれ、同じように超肥満。
人間の方が画一的な「ロボット」状態。

宇宙船内での生活は極端に描かれてるけど、
あれはもう今の私たちの生活を表してるんじゃないかな。
電話があれば、顔を見なくても人と話せるし、
電車や車に乗れば、苦労せずにどこにでも行ける。
社会に溢れる情報の波に飲まれながら、忙しなく生きる毎日。
うーん。心当たりがありすぎるなあ(汗)

そこに紛れ込んだウォーリーの存在が、
宇宙船内のオートメーション化された流れを乱し、
外を見ること、相手の顔を見ることの素晴しさを気付かせます。
もちろん、ウォーリーはそんなこと意識してないんだけど。

この映画を見て、自分の生活を思わず振り返っちゃいましたよ。
突っ走りすぎてない?周りの人のことを見れてる?って。
この作品、子供はもちろんだけど、むしろ大人の方にオススメかも。

あ、肝心なことが後回しになっちゃったけど、
も~~~~~ウォーリーとイヴの可愛さは凄まじいですから!!
ロボットだからあんまり喋らないんだけど、
その仕草やちょっとした表情から、感情が伝わるんですよね。
イヴが好き。イヴに会いたいって。
そしてウォーリーの長年の夢でもある「手をつなぐこと」、
これが叶った時は、涙がぽろぽろってこぼれましたわ。
ほんとに可愛いの!きゅんとくるのよ!

誰かと手をつなぐこと。
立ち止まって、相手の顔を見て、その手の温もりを感じて。
生きていく上で大事なことは、いつでも忘れがちな小さなこと。

コメントの投稿

非公開コメント

やばい、うららさんの名レビュー☆

おはようございます。
うららさん、
朝からうららさんのコメントに泣かされてしまいました。
映画のレビューで泣くなんて、なんたる・・
つまりはうららさんのピュアなこころに感動したという
ことにもなるんだろうなと思います。

私さ、Lを思い出したよ(いつもでごめん)
Lが川原で真希ちゃんに寄りかかられてびくっとなる場面、
あれってロボットっぽかったよね、
だけど、最後の
「よくがんばりましたね」で人間らしさを垣間見せるL、
それはウォーリーの握手にもどこか似ているのでは。
いえ、画面的にはどうなのかわからないですけど。

とっても素敵なレビュー、ありがとうございました。
イブとウォーリーに逢いたくなりましたよ☆

NoTitle

追伸・・

映画のレビューで泣くなんて、なんたる・・

感動のあまりです、誤解うみそうな書き方でごめんなさい汗

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
ひゃ~~~感動なんて言われちゃうと恥ずかしいです(照)
恋するウォーリーの姿は、人と関わって生きることの
大切さや素晴しさをそっと教えてくれている気がします。
樹さんの言われる通り、Boyやまきちゃんと関わることで
人間らしい感情を見せたLに通じる部分があるかも。
ウォーリーとイヴはとってもとっても可愛いですよ♪
機会があればぜひ!優しい気持ちになれる作品です☆
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。