スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれる者と去る者と。

我が家の近所に、おばあちゃん先生がひとりで切り盛りしてる
小さな小さな助産院がありました。
私もその助産院で生まれたんですが、
私が覚えているのは、生まれたばかりの私に
産湯を使わせてくれてる写真の姿だけ。

先日そのおばあちゃん先生が99歳で亡くなりまして、
葬儀に参列した母が聞いた話によると、
これまでの出産記録がすべて残っていたそうなんですよ。
私が住んでいる地域は戦災を受けていないので、
戦渦に巻き込まれずに済んだんでしょうね。

おばあちゃん先生がとりあげた赤ちゃんは2600人以上。
初めてとりあげた赤ちゃんはもう70歳以上、
一番最後にとりあげた赤ちゃんは30歳になってるそうです。

こんな田舎の小さな産院でも、40年以上もの間
命が生まれ続けてきたんだなあ。。。
そして私も2千何百人目かの赤ちゃんとして、
おばあちゃん先生の出産記録の1ページに載ってるんだと思うと、
何だか感慨深くなっちゃいました。

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

うららさんこんにちは。
すごいよねえ、助産婦さんて、何千人の命と向き合ったってことですよね。
うわあ、「死にたい」とか冗談でも言っちゃいけない気がしていました・・・。
初めて取り上げた赤ちゃんが70歳・・・!!!
ひょーえー。
どんな作り物よりも、感動秘話満載のドラマがありそうですね。
そうか、人生はドラマなのだな!!!!!(?)

母が私を生んだ産婦人科で姉が出産したんですけど・・・とか言うと
なんかすごくいい話あるっぽいけど、特になにもないです(笑)ざんねーん。

追伸:愛の1冊フェアで、どの新刊買うかチョー悩み中です。
うららさん何かオススメありますか~???

NoTitle

なんかおばあちゃん先生が亡くなったのは悲しい事だけど
おばあちゃん先生が残して来たもの、沢山の命を取り上げて来た事を想ったら
悲しいと言う気持ちよりも、ホントなんて言ったら良いか分からないけど感慨深い気持ちになりますね~。
私は大きな病院で生まれたので産まれた病院が~とかそう言う想いが全く無いのでちょっぴり寂しいです。

そうそう、昨日山手線に乗ったらドコモケン列車でした~!!!
車内も車外も松ケン一色でどうしようかと挙動不審になっちゃいました~!!

れいちぇるさんへ

れいちぇるさん、こんばんは☆
大きな病院だと、もっとたくさんの赤ちゃんをとりあげてるんでしょうけど、
近所の人しか行かないような田舎の小さな助産院でも、
ひとりの先生がこんなにたくさんの赤ちゃんをとりあげてたんだなあと
びっくりしたんですよ。うちの地元は古い町なので、
家族代々何十年も住み続けてるようなお宅ばかりなんですね。
だから、このおばあちゃん先生にとりあげてもらった人が
近所にはたくさんいるんですよ~。親子2代でとかね。
そう考えると、このおばあちゃん先生が町を作ってきたようなもんだなあ。

追伸:愛の一冊でしょ~。私、恋愛小説ってほっとんど読まないんですよ。
ホラーならいっぱい知ってるんだけどなあ・・・。
私は完全に衝動帯買いズラ(笑)
逆にれいちぇるさんに教えてもらいたいよう~~~!

かずみさんへ

かずみちゃん、こんばんは☆
そうなんですよね。生まれる喜びと亡くなる悲しみを繰り返して、
時代は流れていくんですよね~。ほんと、しみじみしちゃいました。

ドコモケン列車!!!!!!!!
車内も車外も松ケン一色って、私卒倒するよ~~~。絶対。
夏に東京行ったとき、のど飴ZEROのちっこい広告を
目撃しただけで奇声を上げそうになったもん(いや、上げたかな・・・)
しかも今は駅にもたくさん出現してるんでしょ?いいな♪いいな♪
東京にいる間は、私の分までしっかり堪能するのだよ!!!

うららさん、こんばんは☆なんだかとってもいいお話を聞かせてもらったような気持ちになりました^^
おばあちゃん先生が、亡くなったのは、とっても悲しい事なんだけど、おばあちゃん先生が繋いでくれた命がたくさんあって。。それはとっても素敵な事だなぁって思いました(^-^*)
私は育ちは静岡だけど、生まれは千葉で、3才の頃までそっちにいました。やっぱり母は、実家近くの助産院で私を産んだそうです。と、いう私もやっぱり自分の家に近い個人の産婦人科で産みましたよ~☆私の場合、2人(兄妹)とも帝王切開で産んだんだけど、友達の赤ちゃんが生まれたら見に病院へ行くと、今も先生が私が産んだ時の事を覚えていてくれて、と~っても嬉しく思います。あぁ~、この病院で産んで良かったって。。(*^o^♪)

追伸 私も恋愛もの、ダメなんですよ~~(>_<)映画も本も、ホラーやミステリーばっか(笑)

てんてんさんへ

てんてんさん、こんばんは☆
遠くにお嫁に行ってても、お産は実家でという友達は結構いますね~。
やっぱり産後は無理できないですもんね。
病院の先生がてんてんさんを覚えてくださってたのって、嬉しいですね!
(まだ予定はないけど)私が子供を産む時も、
そういう先生だといいなあと思いました♪

追伸:てんてんさんも恋愛ものはダメですか~~~!!!
キュン♪とくるような恋愛小説を読みたいなあと思うけど、
なかなかねえ(笑)「人セク」以来、読んでないかも・・・?
ホラー系のフェアだったらいいんですけどね!
そんなフェアがもしあったら、松ケンの帯も怖そうだなあ(;´∀`)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。