スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クローズZERO』

ずっと楽しみにしていた『クローズZERO』、ようやく見てきました。
最終上映でしたが、レディースデーということもあって、
結構たくさんのお客さんが入っていました。


作品のイメージから、私は登場人物全員「恐い」キャラだと思ってました。
でも、源治が泣き上戸だったり、多摩雄は国士無双をチャラにされて怒ったりと
「カワイイ」一面もあって、物語前半はそんなところに結構笑ってました。
でもそこが、キャラクターをより一層魅力的に見せるのと同時に、
「凶暴」な面を際立たせるスパイスにもなっていて、凄く良かったです。
後半のキレてる小栗旬くんや、狂気の目をした山田孝之くんは、
本当に迫力がありました。

とにかく乱闘シーンが多いんですけど、ただむやみに殴ったり、
蹴ったりするんじゃなくて、ひとつひとつの動作にキレがあるから、
見ていて不思議と、スカッとするんですよね。
天気雨の中の乱闘も、大粒の雨の雫がキラキラしているから、
泥臭いケンカのはずなのに、なぜか絵になる。凄い。
あと、乱闘シーンの頂点は、小栗旬くんの跳び蹴り!かっこよすぎ~!

鈴蘭制覇には、ただ単にケンカが一番強ければいいというわけではなくて、
仲間に慕われるリーダーの格が必要なんでしょうね。
チカラだけなら必ず一番は出るけど、人望がなければ、
どんどん次に狙われて、潰されていってしまう。
ここが、誰も成し得ない鈴蘭制覇の難しいところなのかな。

私は原作を読んでいないので、全く予備知識がなかったんですが、
すんなり作品の世界に入れました。
鈴蘭制覇を軸に、男同士の友情や絆が描かれていて、とても面白かったです。
そして観終わった後は、「かっこいい~♪」のため息ばかり(笑)
今度は、原作「クローズ」愛読者の彼を連れて観に行く予定なので、
原作を知っている人の感想も聞いてみたいと思います。

ちなみにパンフは完売で、手に入りませんでした(涙)

コメントの投稿

非公開コメント

私ももう一度観たいです!

私は朝一の回に観たので結構すいていました。でも後ろの人が私の座席にぶつかるのが気になって・・・映画が終わってから一言言ってやろうと思ったらもう既にいなくなっていました。早・・・(-_-;)
映画は最初からわくわくしながら観てました。
源治、かっこよかったですね!山田君の多摩雄の怪物ぶりもよかったです!
不良の権力闘争・・・昔不良にあこがれていた私にはこの映画はなんだか懐かしい感じがしました。
源治がやくざの息子じゃない方が良かったな、なんて思いましたが、それだとやべさん扮する拳さんの役どころが生きてきませんもんね。でも個人的にはやっぱりやくざな世界とは切り離して欲しかったです。
源治の中学の時の親友の時生の存在がとっても良かったですね。こぶしではなく、病気と闘かっている時生。時生のおかげで源治と多摩雄の力だけではない人間関係も描かれててよかったと思いました。
あとなんだかやさしそうな伊崎と、女子には情けないけど思いっきり男らしい牧瀬が良かったです。
映画終わった後、あるカップルの男の子のほうがウンチクを述べているのを聞いたのですが、リンダマンは原作にも出ていて強さはハンパないそうです。なんで「リンダマン」なのかと思ったら苗字が「林田」でしたね。
私は帰りの電車待ちの時にパンフレット見てましたが、映画が鮮やかによみがえってきてやっぱりいいですよ、パンフ。うららさん、売り切れなんて残念でしたが、機会があったらぜひ手に入れてくださいね!

うららさんも~

でしょ?せめぎあっちゃうでしょ(笑)?
いやはや、反則ですよね、存在が。もう。

うららさんのレポを読んで、そうか、人としての厚みがないと
鈴蘭制覇はできないんですよね。そこが、なんとなく単なる喧嘩じゃなくて、社会の縮図のようでも、あり。ああ、深し。
個人的には、父親が「鈴蘭制覇できたら、奴は跡をつぎたがらなくなる」的なことを言ってたシーンにもグッときました。

血の気が多いSSは、喧嘩シーンに見惚れてばっかりだったんですけどね。ははは。うららさんの彼の原作愛読者からの視点も是非聞きたい!!
usaさんの仰る通り、パンフはゲットすべきですよ~。リンダマンの由来は知りませんでした。usaさんありがとうございまする~。(←微妙にリンダマンの佇まいが好きなSS)

usaさんへ

わーusaさん、感想ありがとうございます♪
源治、かっこよかったですね!!長身で足が長いから、
短ランでズボン腰履きでも、似合ってました。さすがです。
山田孝之くんも熱演でした。『ドラゴン・ヘッド』観た時も思いましたけど、
彼は「狂気の人」を演じるのが凄くうまい気がします。

リンダマン、そうか「林田」なんですね。納得です。
そういえば中学時代、林田という名前の先生は「リンダ」って呼ばれてました(笑)

SSさんへ

ええ、せめぎあいましたとも(笑)
Lたんの生誕祭りがあり、源治の鈴蘭制覇祭りがあり、
そして今日はまつさんの記者会見祭り。脳みそが蒸発してます(笑)

源治パパ、話し方もたたずまいも淡々としてるんですけど、
そこに威圧感がにじみ出てましたね。岸谷さん、さすがですわ。
「鈴蘭制覇できたら、~」のくだりは、私もキタよ!
パンフは何としても、手に入れたいす!
デスノの時もしばらくして再入荷したから、気長に待ちます。

No title

同じ日に同じ映画観に行っていたんですよね~笑
うららさんと気が合うわん♪

でもうららさんは深いですね~。
うららさんはちゃんと観てらっしゃると言うか、自分は全然観きれて無かったなぁって反省しきり。
私、ちっとも感想が書けませんでしたがな・・・ドラゴンボールとか言ってるし・・・

でも旬君は可愛かった。
源治の泣き上戸もめっちゃ可愛かった!!
なんかああ言うシーンがあるからこそ、喧嘩の時のシーンが際だつと言うか、素敵だったんですよね~。

かずみさんへ

シンクロ、シンクロ(笑)
明日はかずみさんも見た、『クワイエットルーム~』を観に行くよ!

『クローズ』の感想は難しい。萌えポイントが多すぎて、まとまらないよう。
たったあれだけの記事なのに、PCの前で1時間以上も固まっておりましたわ。
かずみさんの「ドラゴンボール状態」にはツボったよ、私(笑)
実はドラゴンボールすんごい好きで、全巻読破しちゃってたりする・・・。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。