スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銭ゲバ」第8話

8話ストーリー

茜が自殺し、お互いひとりになってしまった風太郎と緑。
特に風太郎に関しては、自分を取り巻く人々が
ことごとく去っていってしまった。

風太郎の不幸はただ単に貧しかったからということだけじゃなくて、
ことごとく、ほんの少しのタイミングのズレから
幸せになる道に見放され続けてきたんだなあと思う。


茜を亡くした後が、今までで一番ひどいうなされ方だった。
社長室の大金を手にしても、吐き気はおさまらない。
辛いことがあった時に来ようと母と約束した場所、
大人になって初めて来たのは、茜を失ってから。

「どうでもいい」と言い放った風太郎だけど、
茜を亡くした衝撃は、思いの外大きかったのかもしれない。
緑に「唯一の理解者だった」と告げられるまでもなく、
きっと風太郎が一番身に沁みていたんじゃないかな。
いつまでも外さない結婚指輪が、
それを物語ってると思っちゃだめかなあ。

風太郎を引き取る意思があった新聞屋のお兄ちゃん。
その事実を荻野刑事に知らされるも、
「いずれ同じ道をたどっていた」と風太郎は言う。
少年時代の健気で優しい風太郎であれば、
新聞屋のお兄ちゃんの愛情に守られて
まっとうに生きられたんじゃないかなと思うけど、
今の風太郎にしてみれば、それは残酷な仮定でしかない。
風太郎はもう、地獄への道を進むしかないんだもんね(涙)

伊豆屋さん。
ここは風太郎にとって心を許せる唯一の場所であって、
きっと失いたくない場所であったはず。
母と同じことを言う人たちが、幸せに暮らしてた場所だから。

「大事なのはお金じゃなくて心」をずっと貫いてきた伊豆屋だけど、
どうにもならない多額の借金を目の前にして、その信念を覆してしまう。
風太郎に刃物を向け、脅してまで金を無心する。
風太郎の目がさ、潤んでるように見えるんだよね…。
「俺は間違ってない」と言い聞かせながらも、
本当は間違ってるんだということを
伊豆屋さんに証明してほしかったのかもしれない。
でも、その伊豆屋さんも結局は「自分と同じ」だとわかってしまった。
風太郎は伊豆屋夫婦を刺そうするが、手を止める。
この時点で風太郎は自分の死を決心したんだろうな。

そして伊豆屋から帰ってきた風太郎は、もう魂が抜けちゃってる。
あんなに憎んだ父がやってきても、反抗心どころか生気が全くない。
最後に「さようなら」と父に告げたとき、
風太郎の口から初めて「お父さん」という言葉を聞いた気がする。
風太郎をこれまで突き動かしてきたのは、
お金と父親に対する憎悪だったはず。
死を受け入れてしまった風太郎は、
もう父親に対する憎しみも消えてしまったんだろうな。
そんな姿が痛々しくて、見てられないくらいでした。

でも一度死を決意した風太郎の目覚めは、あまりにも穏やか。
それがまた悲しすぎるんだよーーー。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

金持ちになって幸せになると決意した場所で、
自らの命を絶つ為にダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎。
最後に何を思うんだろう?

「観た人の心の中で最後の一行が閉じられる物語」と
かつてミムラさんが語ったように、私の中でも完結できるかな。

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、最終回・・・

おはようございます☆

感想、興味深く読ませていただきました~!
これだけ深く見てくれている人がいるというのは、
きっとスタッフや役者さんたちも嬉しいと思います☆

>でも一度死を決意した風太郎の目覚めは、
あまりにも穏やか。それがまた
悲しすぎるんだよーーー。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

そうですよねー!「おとうさん」って
呼びかけますしね。私も同じように思いました。
怒る元気さえないんですよね。

話は全然違うんですけど、私の好きな
マリリン・マンソンというミュージシャンが、
「自殺する人は、これから自殺する、という
目的に向かう力がある。自分はあのころ、
『生きたくなかった』。そのほうがつらいものだ」
と言ってたんですよね。それも一つの
考え方か~と当時は思いましたが。
風太郎も、自殺する力があるなら、
なんとかならんもんかー!と
テレビ見ながら思いました。

最終回、手に汗握って見ようと思います・・・
が、絶賛休日出勤のため、リアルで
見れんのが残念ですーーー!

NoTitle

うららさんこんにちは☆
8話、きつーかったですね。セクロボの8話もきつかったわ(違う理由)
それにしても今回2度登場した風太郎の目覚め。
まったく違うものでしたね。
皮肉なもんです。
「金が大事」と思ってる(←言い聞かせている)自分が
一番好きな人は「心が大事」と言っているお母さん。
そして「心が大事」と言ってる人たちが「金が大事」と言い出すと、
満足するかと思いきや、落胆してしまう。
はじめっから風太郎の心は不安定で、
まるであの左目でみる景色のように歪んでいるんですねー・・・。

誰かに救われてほしいような気もするけど、
ボロボロで堕ちるとこまで堕ちてゆく風太郎も観たい(完全にドS)
最終話、うららさんと是非ディスカッションしたいわあ。L図書さんでね♪♪

Rainyさんへ

Rainyさん、こんばんは☆
私、銭ゲバの感想ブログとか公式BBSを時々見るんですけど、
観る人によってとらえ方が違ってて、面白いなあと思います。
お金や愛や善悪に対する価値観は人それぞれだし、
そういう意味では、最終回でも明確な答えはきっと出ないんでしょうけど。
最終回を観た後、また悶々と考え込んじゃいそうだ(笑)

そっかー、「自殺する」のと「生きたくない」のとでは、
似て非なるって感じなんですね~。
そう言えば、前夜にパパと最期の会話をしてる時よりも、
導火線に火をつける瞬間の表情の方が力があったような。。。
風太郎ー!何とかならんのかーーー(涙)
今週末、その行く末を見届けましょうね!
Rainyさん、銭ゲバ観賞の為の体力も温存しとかないと!

れいちぇるさんへ

れいちぇるさん、こんばんは☆
いやーーーほんときつかったですわ。
毎回何かしらきついんだけど、今回は特に!来週が不安ズラ。
セクロボ8話・・・切なかったあああ(思い出した)

風太郎って、例えばデスノの夜神月みたいに
「完全な」計算高さや冷徹さがないんですよね。
三國パパや枝野くんを殺した直後に後悔の涙を流したり、
大好きなお母さんとの約束で、一番憎いはずの父親を殺せなかったり。
この揺れがあるから、観てる側も風太郎を完全な悪人として
憎みきれないんですよね(まあ悪いのは悪いんだけども)。

>誰かに救われてほしいような気もするけど、
ボロボロで堕ちるとこまで堕ちてゆく風太郎も観たい(完全にドS)
わかりますよ~その心境!!!
でもきっと、救われちゃったら「ダメやん!」って思うだろうし、
破滅したらしたで、ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! ってなると思う(笑)
週末、ぜひぜひディスカッションしましょうぞ!樹さんちで♪

NoTitle

はーい、こんばんは、呼ばれて来ました(笑)
深い、私もうららさんの感想を感動して読みました。
ただ、ただ、風太郎はお母さんとの愛しき日々を否定していないのだから、
真一のために成り下がってしまった、盲目的な愛を捧げる伊豆屋を、
やっぱり最後は救ってあげてほしいんですよ。
そこで、伊豆屋の愚かな愛と、自分の伊豆屋を助ける愚かな愛に
負けてほしいんです。
金に勝っても、愛には負けていいんだと、そう思ってほしいです。
たぶん、風太郎にはそのことがわかっているんだと思うんですが。
でも長い導火線はつらいですね、二週にわたるとは思っても見ませんでした、
何回見ても吐き気がするんですけど、そばにいてあげたくなって、またリピートしちゃう。
週末は語り明かしましょうね。 Lたんちで(言ってみたかった笑)

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
れいちぇるさんと二人で呼んでみました(笑)

伊豆屋さん!私も救ってほしいと思います。
風太郎にとっても大事な場所だろうし。
>そこで、伊豆屋の愚かな愛と、
自分の伊豆屋を助ける愚かな愛に 負けてほしいんです。
ほんとにその通りですね。その答えは今週末かあ。
もし風太郎が伊豆屋さんを救う手はずを整えてたとして、
それを伊豆屋さんが知るのは、もう風太郎がいなくなった後・・・?
あうー。今からあれこれ想像するだけで泣いちゃいそうですわ。いかん。

もう私にも導火線がついちゃってる状態ですよー。樹さーん。
週末はじっくり語りましょうね!お昼寝しときます!

NO TITLE

こんにちは~。
ちょっとお久です~~。

いやはや、ほんと8話はきつかったです。
自己矛盾?違うな、なんというか、自分を不幸な方、不幸な方に
仕向けていく風太郎が辛かったです。
母への懺悔なのかな、人を殺してまで金を得てみたものの、
それは全く復讐にならなかったことに気づいたときから、
お母さんへの償いのように、自分をキツい状況に立たせようとしてるっていうか。
樹さんちでも書いたけど、自分は幸せになってはいけない人間だって
いうのを言い聞かせることが、警察に捕まるよりももっと風太郎にとっては
正しい償いなんだろう、と思います。

それで周りの人をどんどん巻き込むのはいかがなものか、なんだけどね。

回を追うごとに、母しか人間と認めてないというか
母との思い出の中でのみ生きてる感じがしますよね。
Rainyさんのマンソンのコメント、納得!
死を覚悟してやっと楽になれるって悲しいですね。
しかもそれが力になるっていう。
茜に「生きてても死んでても同じだよ」って言った言葉は
自分にもあてはめられるかもしれないと思って言ったんだろうか。
人を不幸にしかしない、生きてても死んでても同じ人間。

うう、悲しいな。

SSさんへ

SSさん、こんばんは☆
>自分を不幸な方、不幸な方に 仕向けていく風太郎が辛かったです。
ほんとにそう。風太郎見てると心が痛むのよ。
なんでこういう生き方しかできないんだって。
でもそれは風太郎が一番よくわかってるんだろうね。
もう今さら後戻りできないことも。

風太郎にとってお母さんとの思い出は、不可侵の聖域なんだな。
でも風太郎の不幸は、その聖域に縛られてるところにもあるよね。
お母さん以外の愛情を受け入れようとしてないし。
再び失うことを恐れてたのかもしれないけど、
逆にそれがあだとなって、大事な人たちを亡くしていってる。
なんだかなあ。もう。

さっき最終話の予告を観たんだけど。あまりに幸せそうな風太郎と
導火線に火がついた風太郎とのギャップに泣きそうでした・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。