スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銭ゲバ」最終話

最終話フォトギャラリー
死ぬ決意をした風太郎。
そしてそれを見届けると言った緑。

「金持ちになって幸せになる」と決意した海辺の小屋で、
風太郎はダイナマイトの導火線に火をつける。

少しずつ短くなる導火線と柱に刻まれた「幸せ」の文字。
それを見つめながら、風太郎は別の人生を思い描く。

第8話のラストで既に、風太郎の死が確定していたことと、
風太郎にとっての「幸せ」の風景が描かれることがわかっていたので、
この最終話が一番、物語の展開を予想できるはずだった。
にもかかわらず、全体を通して一番衝撃を受けたのが最終話だった。
そして長い時間、その衝撃から立ち直れなかった。

風太郎が描く幸せは、ごくごく平凡な日常。
普通に恋愛し、就職し、結婚する。
家族も友人も、そして風太郎自身も穏やかな笑顔を浮かべている。

風太郎が望んだのは、なんてつつましやかな幸せなんだろう。
どうして死が目前にくるまで、風太郎はそれに気付かなかったんだろう。
風太郎がこれまで犯してきた罪は決して許されるものではないけれど、
この残酷な現実に胸がえぐられる思いだった。

そしてもうひとつ。
わかっていたはずの風太郎の死が、あまりに怖かった。

自ら死を選んだ風太郎はどんな最期を迎えるんだろうと、
この1週間いろいろ考えていた。
すべてを諦めたかのように、冷淡に死を迎えるのか。
それとも最後の最後まで、強気な銭ゲバを貫き通すのか。

でも実際は全然違っていて。
迫り来る「死」という現実に恐怖し、極限までもがき苦しむ。

「わかっていたはず」と書いたけど、
死ぬということが実際にはどういうことなのか、
きっと私はわかっていなかったんだと思う。
壮絶な(という言い方が相応しいかどうかわからないけど)風太郎の死を目撃して、
生きたいと願う人生をすべて断ち切ってしまうことの恐ろしさを
目の当たりにしてしまった感じだ。。。

最終話を観た夜、その衝撃でいつまでも眠れなかった。

少し時間を置いてから、第1話から最終話まで通して観てみよう。
その時にドラマ全体の感想を書けたらいいけど。
今日は最終話の衝撃で一杯一杯。

今の気持ちを言うとしたら、
私はこのドラマに出会えてよかった。
いろんな感情にぐるぐる巻き込まれるけど、
こんなに引き込まれて、考えさせられるドラマを他に知らない。
これほどの作品に、これから出会うことはないかもしれないな。

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

うららさん、こんばんは!
感想読んで、ほんと頷いて感動しました。。

なんていうんだろう、じわじわきますよね。
ミムラさんのいうとおりだ。
後から考えてしまう。
衝撃のまま、思考さえ止められて終わったように感じたんだけど、
今日になって、やるせなさとかいろいろ思い浮かんで
すごく切なくなってしまった。

でも、これが考えるということなんでしょうね。
ほんと、私もこのドラマに会えてよかったと思います。

うららさん、おはようございます。
うららさんの感想を読んでとても共感しました
あの死に様、銭ゲバを終わらせる為には必要だったのかもしれません
というか、風太郎を。
すべて空想を自分が、あ、子どものころは別として
自分が奪い、破壊しつくしたんですからね、
激しく後悔しながら風太郎は銭ゲバから人間になったんじゃないかと思います。
Lは御守りだけど、風太郎は私が守ってやりたいみたいな、
うまく言えないけどそういう存在として、胸にだいていたいです。
風太郎に美しいものや信じられるものをみせられるように
こつこつ歩きたいな。
素晴らしいドラマでしたね、こころからそう思います。

やっと見ました~!

こんにちは☆

今日、やっと録画したのを見ました。
衝撃的なラストにビックリしました。
風太郎の遺書が凄かったです。
が、ドラマでしかできないことを
挑戦的にやってくれた~!という
作品で素晴らしかったと思います☆

うららさん、こんばんは☆2日たっているのに、なんだかまだわからない状態の私がいます(;_;)
私の中で、どう受け止めたらいいのかよくわからないんです。風太郎の望んでいた幸せの生活。。これが本当に平凡な生活で、普通にみんなが経験するような事であって。私も、自分が結婚した時と重なりました。貧乏じゃなかったけれど、早くに結婚したから貯金も何もなく、でも小さいアパートで始めた新しい生活。旦那さんと、赤ちゃんと私。あー、重なって見えて切なくなりました(>_<)風太郎もそんな平凡な生活をしていたら、その先にはもっともっと楽しいことがあったはずなのに。。なんてそんなことを考えてしまいました。風太郎は、悪いことを沢山したけれど、私は身近にある普段自分では気づいていない幸せというのを教えてもらったように思います。なんかまとまりない文でスミマセン
私も、少し時間をあけてから、もう一度、風太郎に会いに行ってみようかな。。すごいドラマに会えて、良かったと思います!

SSさんへ

SSさん、こんばんは☆
そうなの!私も観終わった直後は呆然自失でした。
いろんな思いがぐわーーーっと頭をめぐるんだけど、
そのどれもをうまく表すことができないというか。
時間の経過と共に少し落ち着いたのと、
いろんな方の感想を拝見することで、
ようやく自分の考えを整理し始められたかなって感じ。
銭ゲバについてはいろいろ書きたいことがあるんだけど、
まだまだまとまらないなあ。
私、ドラマを観て、こんなに考えさせられたのは初めてかも。
このドラマに出会えてよかったと心から思うし、
主演してくれた松山くんにもありがとうって言いたいです。

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
>あの死に様、銭ゲバを終わらせる為には必要だったのかもしれません
私も最終回を観て、樹さんと同じように思いました。
最初はどうしてダイナマイト?原作通りでもよかったんじゃ?って思ったんですね。
でも、あの風太郎の最期を観て、納得しました。
どんなに風太郎の望んだ幸せを描いたとしても、もし拳銃自殺だったら、
引き鉄を引く一瞬の行為で、全部が無になってしまう気がするんですね。
結局、その幸せを切り捨てて死ぬんじゃないかって。
でもこれがドラマのようなダイナマイトでの自殺だとすると、
幸せな人生を夢見て生への執着が湧き上がったとしても、
自分でどうあがいたとしても、死を回避できない状況に追い詰められてる。
その極限状態を見せられたことで、(他人でも自分でも)人の命を奪うことの
恐ろしさと罪深さがズドンと心に響きました。

>風太郎に美しいものや信じられるものをみせられるように
こつこつ歩きたいな。
樹さーーーん!この言葉に涙が出ました。
ほんとにそうですね。私もそうやって生きて行きたいです。

Rainyさんへ

Rainyさん、こんばんは☆
おお!最終回ご覧になりましたか!
私もあのラストには衝撃を受けましたよ!
あの風太郎の独白はなくてもよかったのでは?
という感想もあちこちで目にしましたが、
私としてはやっぱり必要だったと思います。
あの独白が「正しい」かどうかは別としても、
真実の一端であることは間違いないし、それと同時に
風太郎からの警鐘でもあるのかな、なんて私は思ってます。
難しいんですけどね・・・私も書いててうまくまとまらないです(汗)

銭ゲバはほんとに挑戦的なドラマでしたね!
私たちの知らないところでたくさんの苦労もあったでしょうけど、
最後まで手を抜かずに作り上げてくれて。素晴らしい!拍手!

てんてんさんへ

てんてんさん、こんばんは☆
>風太郎の望んでいた幸せの生活。。これが本当に平凡な生活で、
 普通にみんなが経験するような事であって。
そうなんですよね。だからもう見てて切なくて切なくて。
特に結婚式で仲睦まじい両親を笑顔で見ている姿とか、
自分を見送ってくれる茜ちゃんと赤ちゃんを見て、
幸せをしみじみ感じてる姿だとか・・・こうやって書いてても涙出ちゃう。
普段何気なく暮らしてる日常生活にこそ幸せがあるんだと、
私も改めて思い起こさせられたような気がします。

今はまだ最終回の余韻が強いので、
私も改めて見直すのには時間がかかりそうです。
最初から全編通して見ると、また新たな思いが生まれそうですね。

また泣きそうだ。

うららさんの記事を読んで、また涙が出そうになっちゃったじゃないかーーー!!

いや、ホントにね
私も風太郎が死ぬのは分かっていたはずなのに
いざああいうふうに見てしまうと本当に辛いと言うか
信じられないと言うか・・・
あんな風に人間の醜い部分をおしげも無く出して死んでしまったのが・・・
本当に辛いよ。
本当に信じられないよ。

ドラマが終わってしまった事が未だに信じられないと同時に
ドラマが終わってしまった事を受け入れて、自分も早く現実に戻らなくちゃいけないなと無理矢理自分を納得させなくてはならないのがね・・・

あ~本当に辛いよ~。

かずみさんへ

かずみちゃん、こんばんは☆
私も風太郎の死がこんなに堪えるなんて思わなかったよ。。。
原作も読んで、先週から心の準備はできてたはずなのに、
あの風太郎の死に様を見て、そんなの一気に吹っ飛んじゃった。
もう、心をザックリえぐりとられたような辛さでした(涙)
だからこそ、生きてる限りは命を大事にしなくちゃいけないんだよね。

そうか、かずみちゃんはドラマと一緒に始まった東京生活が
もうすぐ終わっちゃうんだよね。
かずみちゃんがとても楽しそうに東京生活を満喫してて、
ブログを読んでる私まで楽しかったよ♪
この東京生活はきっとかずみちゃんの大きな糧になるから、
岡山に帰っても大丈夫だよ。新しい生活の励みになると思うよ!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。