スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TAJOMARU』

時は室町末期。
とある大納言家の主人が疫病で病死してしまう。

将軍の足利義政(萩原健一)は畠山家に赴き、
長男・信綱(池内博之)か次男・直光(小栗旬)のどちらかが
大納言家の阿古姫(柴本幸)と結婚し、官領職に就くようにと命ずる。

通常であれば官領職に就くのは長男の信綱であるが、
阿古姫と婚約していたのは次男の直光であった。

信綱の手から逃れるため、阿古姫や腹心の桜丸(田中圭)ら
数人の家臣と共に、直光は屋敷から抜け出す。
しかし逃亡の途中で家臣たちは誰かに斬り殺され、
阿古姫とふたり、山中をさまようことに。

そしてふたりの目の前に悪名高い盗賊・多襄丸(松方弘樹)が現れる。

公式サイト:映画「TAJOMARU」オフィシャルサイト

何度裏切りや絶望を経験しても、ひとりの女性を愛しぬく
一途な男の姿を小栗旬くんが熱演!
この直光演じる旬くんがとってもカッコよかったよ☆
多襄丸という名前を引き継いでからの姿も、ワイルドで素敵!
一緒に観に行った旬くんファンの同僚はもう目がハート♪♪
直光みたいに愛してくれたら、女性は誰でもコロっと落ちるよね。

将軍役の萩原健一さんと多襄丸役の松方弘樹さん。
さすが大御所、存在感がハンパない!!!
この方々がいるだけで、重厚な雰囲気がただようというか。
その圧倒的な存在感は、若い旬くんや田中圭くんには
まだまだ太刀打ちできない感じ。
そこはもう培ってきたキャリアが違うから仕方ないよね。

作品の印象としては、時代劇という感じがあまりしなかったな。
挿入歌が洋楽だったり、盗賊が現代っぽい雰囲気だったり、
あとは恋愛という普遍的なテーマがメインっていうのもあるかもね。

ひとつ注文つけるなら、クセモノ役の田中圭くん。
顔が優しいから、鬼気迫るシーンではちょっともの足りない気がする。
まあ何はともあれ、カッコイイ小栗旬くんを
最初から最後まで堪能できる一作品でした☆

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「TAJOMARU」小栗旬のアップ結構多いです

「TAJOMARU」★★★ 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之主演 中野裕之監督、131分、2009年、2009-09-12公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログ

コメントの投稿

非公開コメント

うららさん、こんにちは。
出勤前に来ました~♪
ゆうべはオフケンお疲れ様でした、
楽しかったね。ありがとうございました。

TAJOMARU,
旬くんが当初、いじけ気味の発言多かったのに、
すごく面白そうですよね。
カムイと自分で比べてたんだろうか、
男っぽいのがやりたいのかもしれないですよね。
でも目がハートになりたいなあ。
きっと、私の場合はその想いを花沢類に
転化してしまいそうですけど(笑)

田中圭くんは松ケンファンも注目してるよね(笑)
いじめられてもからかわれても、
がんばれ、圭くん(と応援したくなる)
今頃白川くんはどこでどうしてる??コワ。

樹さんへ

樹さん、こんばんは☆
こちらこそ、昨日はとっても楽しかったです!
やっぱオフケンはいいですね♪ありがとうございました。

何かの記事かインタで読んだ気がするんですけど、
TAJOMARU、監督や脚本がギリギリで決まったんでしたっけ?
制作意欲の強い旬くんとしては、もっと時間をかけて
じっくり作りたかったっていうのもあるのかな?
でも旬くん演じる多襄丸はとっても魅力的でしたよ!
樹さん、きっと目がハート♪

田中圭くんは、これからもきっとチョコチョコ気になる存在☆
え?白川君?今頃きっとふらn…(自粛)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。