スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22歳、職業・役者。松山ケンイチ

定期購読してる「ピクトアップ#50」が届きました。
今回の特集は松山ケンイチくん。全体の半分近く、50P以上もの大特集でした。

写真がどれも素敵ーーー!!!ページをめくるたびに、ため息が出ます。
赤いコートがとてもよく似合ってて、ヒゲでワイルドでありながら、艶っぽい。
そして何より、去年の特集の写真と比べると、ぐっと大人っぽいですね。
個人的には、P14-15のレンガ造りの建物で撮影されてる写真が好き♪

記事では、『カムイ外伝』と『デトロイト・メタル・シティ』のプロデューサー談話が
一番興味がありました。まだどの映画雑誌にも、情報が出てきてないですし。
「なぜ今映画化するのか」「なぜこの監督・脚本家なのか」「なぜ松山ケンイチ
を起用したのか」「これからの松山ケンイチに期待しているもの」について
話されていて、すごく新鮮で面白かったです。
で、どちらも松山くんの姿をちょこっと伝えてくれてるんですけど、これがイイ!!

『D・M・C』では「曲に合わせて彼がギターを持ってパフォーマンスを
するわけですよ。それがもうカッコよくて。
カッコいいんだけど、ちょっと憂いがあって、そのバランスが絶妙(笑)」 
最後の(笑)が気になるところですが。根岸の憂い?
ギター姿がカッコいいのは、シンちゃんで証明済みですからね。当然。
でも、ヴィジュアルがクラウザーさんってところが、ちと残念(笑)

『カムイ』では「『変移抜刀霞斬り』という技をやってもらったんですが、
走り方、刀の抜き方が流麗。切ったあとにフッと髪がなびいて、そのときの
カムイの顔がすばらしい。語らずとも、カムイの生きざまが表現されている」 
もーーーーーー。「フッと髪がなびいて」ってだけで倒れそうです(笑)
そのすばらしい顔を早く見たい見たい!妄想ばかりがふくらみます・・・。

最後は松山くんのロング・インタビュー。
自分が出会った役にいつも真剣に向き合い、そこから常に何らかの意味を
見出しているから、変化も目まぐるしいんでしょうね。
そしてこの1年間で様々な役を演じてきた結果、「肩書きのない21歳」から
「職業・役者」へと辿り着いたことが私は嬉しいです。
いろいろな才能と可能性をたくさん秘めているかもしれないけれど、
私はやはり、役者・松山ケンイチが一番好きだから。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うららさん、おはようございます。
すごいんですよ、わたしったら。きのう、本屋さんで見つけて、速攻買ったのに、Lの感想聞かれてるので焦って、まだ表紙の次すらめくってなかった!!こんなこと初めてだ・・L読まなくちゃの脅迫観念おそるべし!!でもうららさんがていねいに感想書いてくれてるので、どの記事から読んだらいいかがわかりました、DMCだ(笑)。きのう、中島美嘉さんの≪雪の華≫きいてから、しばらくぶりに≪グラマラススカイ≫を聴いたんですよ。もう、SHINはいつ見てもかっこいい!! そうそ、成くんとも一緒だったんだ、と旬くんをめぐる距離の近さをまた実感しました。早く一緒にやって(深読みしない笑)松山くんがあのベースをギターに持ち代えるだけですもんね、あのノリ、本人が行ってるけど、ほんとに音痴なのかな?からだの揺らし方みたら、すごくリズム感いいんですけど・・カムイの剣さばきもリズム感と通じるものがあるでしょうね。本と、楽しみです。

No title

私も、DMCが一番良かった!!おもしろかった!!
ギターをかきむしる!まっつん!!
歯ギターはくれぐれもやらぬようお願いしまっす!むかし、ユニコーンのえびちゃんがおでこでベース弾いて血を出したそうですから・笑
そして、根岸君の憂いに、まっつんの佇まいはぴったりなんだろうなぁ。
ああ、たのしみ。見た目はクラウザーさんなのに、心の声が根岸君のときが観たい!!

にしても、まつさん大人になりましたなぁ。ほんとに。
大人の男ってかんじで、メロメロです。
そして、いよいよ役者でやってくぞ!って感じがすごく感じられて、潔くって、とても良い特集でした。やっぱり芝居が好き、っていうのがすごく伝わってきて、もちろん悩みも多いんだろうけど、すごくそれがうれしかった。やっぱり見守ってるだけあって、ピクトは良いですねぇ。

にしても、クラウザーさん、、メタルだったら音痴でも良かろうが、喉がつぶれてしまわないか心配デス。

No title

うららさんとまったく同じ感想を持ちましたよー。あまりに同じすぎてコメントしようがない!(そこまで!?)カムイとDMCの話はほんとに聞きたかった!文章だけでぞわぞわきちゃいましたよね!!鳥肌~~~~
最近、松ケンに対する気持ちがほんとの恋みたいになっちゃって大変!いい年して(ていうか既婚ですけど)恋する乙女みたい。一日中想像してニヤニヤして、ほんと、どうしようもない。ちょっと前はそこまで・・じゃなかったはずなのに。どうしてくれよう!家知らないから告白できないよ(爆)

樹さんへ

なんと!ピクトを手にしながらページをめくっていないとはー。
おそるべしL。世界の切り札は樹さんをも掌握してるんですね(笑)
D・M・Cとカムイの記事は、とても面白かったです。プロデューサー両氏とも、
松山くんを絶賛していて、それもすごく嬉しかったです。
Lを心ゆくまで堪能した後に、じっくり読んで下さいね。

松山くんって、清塚さん以外の交友関係があまり表に出ないから、
実はひそかに旬くんとも仲良しでした、なんてないですかね~。
ドラマでも映画でもいいから、また一緒にやってほしいです♪
あ、今はねるのとびらの短縮鉄道で、「オグシュン=小栗旬」って出ました。
オグシュンって言うんだ・・・「リ」しか短縮してないよ(笑)

SSさんへ

ユニコーンのエビちゃん!なつかしー。そこに反応しちゃいましたよ。
私、ユニコーン聞いてたわ~。今でも車にはユニコーンのCD乗ってるよ。
それにしてもデコでベース?うーん。クラウザーさん、というか松山くんなら
それくらい軽~くやっちゃいそうなところが、コワイ(笑)
>見た目はクラウザーさんなのに、心の声が根岸君のとき
私も見たーい!!!きっとそこが絶妙なバランスなんでしょうねー。

今の大人な松山くん、私もメロメロっすよ。去年のピクトと並べてみると、
その成長ぶりが一目瞭然。それだけ密度の濃い経験をしてきたんだろうな。
松山くんが良き「役者」である限り、私たちも彼の良き「観客」でいましょうね!

れいちぇるさんへ

おぉ!?レス書いてる間にれいちぇるさんのコメが。またニアミス?(笑) 
ピクトはれいちぇるさんも同じ感想でしたか!!私たち、いろんなポイントで
シンクロ率が高いですねー。うふふ♪
D・M・Cとカムイは、ほんと読んでるだけでワクワクしますよね。
「フッと髪がなびいて」ってところがもう、激萌えポイントで~!やばいっす。

松山くんに恋する気持ちわかりますよー。ここまでのめり込むなんて(笑)
私もつい昨日「俺より松ケンに使う金の方が多いだろ」って彼に言われました。
だってしょうがないじゃーん。好きなんだもん。
れいちぇるさんが松山くんの家を突き止めたら、一緒に告白に行きます(笑)

No title

こんばんわ!うららさん♪
届きましたね!ピクト!しっかり記事にしててすごいです♪
私なんて、樹さんに「教えてケロ」と言われてるのにもかかわらず
中身はまだちゃんと読めてません(汗)だって~写真が~♪(言い訳)
それにしてもカムイもDMCもものすっごくいい感じですよね!!
もう来年も再来年もずっと魅了してくれますね、ケンイチくん♪
私も恋に落ちて、たまにどうしようもない気持ちになりますよ(笑)

みかんやさんへ

こんばんは!昨日帰宅したら、ちゃんと届いてました~♪
ピクトの特集はすごいですね。50Pって、どんだけ語れる男なんですか!
インタビューもびっしりだし、読んでしまうのに、すごく時間がかかりました(笑)
カムイもD・M・Cも、この特集を読んですごく楽しみになりました。
とりわけ、髪がなびいてすばらしいカムイを早く見たいものです♪

写真はもう、かっこよすぎてダメです。ニヤニヤしながら、「はぁ」とか「ふぅ」しか
言葉が出ません。細いし、足長いし、手も綺麗だし、赤も似合う男前。
こんなサンタさんがいればいいのに。もちろん、プレゼントはご本人様で(笑)
もう、こんなに好きすぎてどうしたらいいんでしょう?って感じですけど、
もっともっと、私たちを魅了し「続けてほしいです!

No title

こんばんは~。

私もたった今、読み終わりました!!
そしてうららさん同様
>フッと髪がなびいて
にもう
んぎゃーーーーーーーーー!!!!!!
再来年まで待てと言うのかぁーーーーーーー!!!!

って悶えました・・・・

LCWに関しても凄くケンちゃんが葛藤して、制作に加わっていたんだなぁって感じたよ。
LCWの小説もある意味そうだけど、監督はLのイメージを良い意味で裏切りたいっぽい感じ?
今でのLとはかけ離れたイメージで映画を作り上げたい節があるじゃないですか。

でも見る側の私達はデスノートのLが好きであって、
そしてケンちゃん自身もそう思っててくれたのが嬉しくって。

きっとケンちゃんが何も意見を言わなかったら、ママチャリ以上の衝撃的な・・・Lでは無い、なにか違うLができていたんじゃないかな?
なんて思っちゃいました。

かずみさんへ

こんばんは~☆ 読み終わりましたか!!!
もう、ぎゃーーーーーーーーーー!!!!!でしょ(笑)
憂いのある表情で髪をなびかせた日には、萌え死に悶え死にですわ。
これが再来年の公開なんて、罪ですよね。待てるのか?私。
でも、去年『L』の制作発表を聞いた時も、「すごい先の話」と思ったけど、
もう公開まで1ヶ月半くらいだもんね。あっという間にカムイの公開も来るかも。

松山くんが私たちと同じく、デスノートのLを大事にしてるってこと、
私もすごく嬉しかったです。この点って、LCWに関しては結構重要よね。
デスノートとは違うLを見せたいと監督が考えたとしても、LCWの時間軸は
あくまでもデスノ後編の中にあるんだし。
最期に笑顔を見せたのも、確か松山くんのアイデアだったよね??
LCWはそこに至るまでの過程だから、松山くんの中でも絶対に妥協できない
部分とかあったんだろうね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。