スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魍魎の匣』

戦後間もない東京、美少女連続殺人事件が世間を騒がせている。
引退した元女優・陽子の娘も姿を消し、探偵・榎木津は行方を追う。
一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸をハコに閉じ込める教団の謎に迫る。
さらに巨大なハコ型建物の謎を追う刑事・木場も登場。
みなが事件に関わり、古書「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。
3つの事件に関わるハコに隠された恐るべき謎を、京極堂は解き明かせるのか?
                 ~「魍魎の匣」リーフレット・あらすじより~

さまざまな登場人物と伏線を絡ませながら、一気にストーリーが展開します。
「すべてのひとの想像を超える超高速展開サスペンス!!」という
キャッチコピー通り、物語の展開にどんどん引き込まれていって、
2時間以上の上映時間なのに、本当にあっという間でした。

まず何と言っても、登場人物がとっても豪華で魅力的!
主人公の京極堂は堤真一さん。元々好きな俳優さんの一人なんですけど、
古書店主らしく和装が似合っていて、とっても素敵です♪
その京極堂の友人である探偵・榎木津を阿部寛さん、
作家の関口を椎名桔平さんが演じていて、この3人のやりとりが絶妙!
3人とも、実年齢が同じ年だと何かのインタビューで言われてましたが、
まさに同級生が気兼ねなく話してる感じがして、とてもよかったです。

そして女優・陽子は黒木瞳さん、記者である京極堂の妹・敦子は田中麗奈さん、
木場刑事は宮迫博之さんと、面白くないわけがない、というような出演陣ですね。
他にも宮藤官九郎さんとか柄本明さんとか、ネタバレになりそうなので
役柄は言えないんですけど、まあとにかく豪華です。
で、これだけたくさんの出演者なのに、すっきりまとまって物語が進むんです。
これもすごいところですね。

おそらく、『魍魎の匣』が今年最後の映画になると思いますが、
一年の最後を締めくくるにふさわしい、本当に面白い作品でした。
あれこれ語りたいんですけど、どれをとってもネタバレになりそうで、
もう面白いしか言えなくて、すみません(笑)
ミステリーやサスペンスが大好きな方には、ぜひオススメです。

☆ひとりごと☆
この京極堂シリーズ、京極夏彦さん著の小説は現在9作品あるそうです。
(映画化は『姑獲鳥の夏』に続いて2作品目。)
この作品が全部映画化されていくかどうかはわからないですが、
もし今後、いずれかの作品がまた映画化されるようなことがあれば、
こういう作品にこそ、松山ケンイチくんに出演してほしいー。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。さっそく観にいかれたのですね、うらやましいです。堤真一さんが大好きです。和久井映見さんとミスチルの≪名もなき詩≫が主題歌の≪ピュア≫というドラマを見たときには毎回、泣いていました。素の堤さんはいつまでもやんちゃな大阪のボク(男の子のことをボクってよぶ)ですね。見てて可愛い、もてるはずです。京極夏彦さんの原作はいつも厚くて買えもしないのですが、≪哂う伊右衛門≫は面白かったです。四谷怪談の新解釈で。前回の京極堂さんの≪姑獲鳥の夏≫が難しかったのでどうかなと思っていたのですが、顔ぶれ見るだけでも違いますね。うららさんの感想を聞いてたら、転々に続いて見たくなっちゃいましたよ!!
すてきなクリスマスにしてくださいね、ラブ!!

No title

メリークリスマス!うららさん。
わ~、うららさん、「魍魎の匣」観られたんですね。
私も観たいなぁ、と思ってて初日に行きたかったのですが、ジャンプフェスタと重なってしまい我慢することに・・・。 これからしばらくは映画観にいけそうも無いので、もしかしたら観れないかもしれません。
あ~でもうららさんの感想読ませていただいたら観たくてたまらなくなりました!
なんとかお正月明けにでも行きたいです!

樹さんへ

こんばんは!メリー・クリスマス☆
私、「姑獲鳥の夏」は見ていないんですけど、監督さんが前作とは
変わられてるそうですね。堤さんも、まったく新しい作品になっていると
コメントされてました。その堤真一さん、素敵でしたわ♪
「ピュア」は私も見てました!!あのドラマ好きで、毎週見てました~。
でも、今の「SP」は見てないですね。面白いそうなので、見とけばよかったかな?
京極さんの本は、私も手が出ないです(笑)我が家にも母が買った本が
あるんですけど、読破されないまま本棚で埃かぶってます・・・。

usaさんへ

こんばんは!メリー・クリスマス☆
おお。そうでした!初日はジャンプフェスタの日でしたね!
それは、ジャンプの方に行っとかないと。なんと言ってもLですから(笑)
「魍魎の匣」はオススメです!お正月過ぎてもきっと上映されてると思いますので、ぜひご覧下さいませ♪
「魍魎の匣」には松山くんに置き換えられるような役はなかったんですけど、
この手の作品に出てほしいなとは切実に思います。漫画原作が続いてるので、
時には、小説など文学作品原作っていうのもいいですよね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

うらら

Author:うらら
趣味はお茶と映画鑑賞

俳優の松山ケンイチさんを福岡の
片田舎からこっそり応援してます

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
アーカイブ
占い☆
ブログ内検索
RSSフィード
携帯用QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。